労働保険のご案内

労働保険とは、労働者災害補償保険と雇用保険とを総称した保険です。労働保険は強制的な保険ですので、労働者を1人でも雇用する事業主は労働保険に加入しなければなりません。

労働保険の事務委託

  • 労働保険事務組合のご案内
    商工会は、厚生労働大臣の許可をうけた労働保険の事務組合です。事業主の方は、商工会へ事務委託をすれば保険料の申告等事務の手間が省け、また労災保険に加入することができない事業主及び家族従事者も労災保険に加入できるなどの大きなメリットがあります。
  • 委託できる方は?
    常時使用する労働者が、・金融・保険・不動産・小売業にあっては50人・卸売の事業・サービス業にあっては100人・その他の事業にあっては300人以下の事業主で商工会に加入していただいている方。
  • 事務委託範囲
    1. 概算保険料、確定保険料などの申告及び納付に関する事務
    2. 保険関係成立届、任意加入の申請、雇用保険の事業所設置届の提出等に関する事務
    3. 労災保険の特別加入の申請等に関する事務
    4. 雇用保険の被保険者に関する届出等の事務
    5. その他労働保険についての申請、届出、報告に関する事務(印紙保険料に関する事務手続は除く)

委託手数料

労災保険手数料

  • 概算保険料の年額10%
    但し、最低手数料、年額 3,000円
  • 特別加入者1人につき、年額300円

雇用保険手数料

従業員数 保険手数料(年額)
1〜5人 8,400円
6〜15人 12,000円
16〜30人 14,400円
31人以上 14,400円+従業員数31名以上の場合は、1人増すごとに年額 1,200円  @1,200円×人数

プリンタ用画面 友達に伝える

ページ移動

カテゴリートップ
労務・福利厚生
次
定期健康診断