全国商工会情報漏えい保険制度

個人情報保護法にも対応

万一、個人情報が漏えいすると・・・・被害者への損害賠償金、見舞金やお詫び状の郵送費用など多大な経済的損失が発生します。

そんな時のために!「全国商工会個人情報漏えい保険」

  • 商工会の会員様専用の保険です。
  • 個人情報漏えい対策について、無料で診断サービスいたします。
  • 個人情報が漏えいした場合の損害費用、損害賠償を補償。
  • 保険料は業種・売上高によって算出します。

保険金のお支払対象となる主な損害

個人情報が漏えいし、日本国内において損害賠償請求が提起された場合に、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害(損害賠償金や事故の解決のために費やした費用等)を補償します。

損害賠償に関する補償の例:損害賠償金、訴訟費用、弁護士への着手金・成功報酬等
費用損害に関する補償の例:謝罪広告掲載費用、見舞品購入費用、お詫び状作成郵送費用、事故原因調査費用

ご加入タイプ 賠償責任部分 費用特約部分(*2)
見舞金・見舞品購入費については、謝罪先一人当たり500円を限度とします。
  てん補限度額
(1請求・期間中)
サブリミット(*1) てん補限度額
(1事故・期間中)
A 1,000万円 100万円 100万円
B
3,000万円 300万円 300万円
C 5,000万円 500万円 500万円
D 1億円 1,000万円 1,000万円
E 3億円 3,000万円 3,000万円
免責金額 1事故(請求)10万円とします。
(賠償責任部分、費用特約部分それぞれ別個に適用されます)
縮小てん補割合 費用特約部分のみ、90%の縮小てん補割合を設定します。

(*1)個人情報が漏えいし、他人(個人情報の委託元事業者等)が被害者への損害賠償金以外の各種費用を支出したことにつき、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害については、費用特約(「個人情報漏えい対応費用担保特約条項)部分のてん補限度額と同額のてん補限度額が「賠償責任部分」のてん補限度額の内枠(サブリミット)で設定されます。

(*2)コンサルティング費用については1事故あたり300万円(Aタイプについては100万円)を限度とします。

保険料

お選びいただいたパターンと業種、売上高、質問書の回答結果によって計算されます。

お問合わせ

全国商工会個人情報漏えい保険制度についてご不明な点は、お気軽に日野市商工会までお問い合わせください。

日野市商工会
〒191-0062
東京都日野市多摩平7-23-23
TEL:042-581-3666
FAX:042-586-6063

プリンタ用画面 友達に伝える

ページ移動

前
商工貯蓄共済制度
カテゴリートップ
その他保険
次
全国商工会経営者休業補償制度