商工会の歴史(沿革)

日野市商工会の歴史
西暦 月日 出来事
1960 10月20日 日野町商工会創立総会
初代会長に小島安蔵氏を選任
会員数376社(商251・工46・建79)
予算規模593,600円
1961 1月6日 東京都知事設立認可
1月26日 設立登記
5月29日 事務所開設
日野市大字日野2389番地
(現在の日野本町4丁目)
5月29日 第1回通常総代会
第2代会長に和田七郎氏を選任
12月16日 東京都商工会連合会に加盟
1964 5月6日 第4回通常総代会
第3代会長に伊藤武平氏を選任
日野町商工会から日野市商工会へ名称を変更
1965 5月22日 第5回通常総代会
第4代会長に池田重太郎氏を選任
1967 5月20日 第7回通常総代会
第5代会長に杉山亘氏を選任
1968 3月5日 日野市商工会失業保険事務組合を設立
(現在の労働保険事務組合)
5月25日 日野市商工会選挙管理委員会を設置
1969 5月29日 第9回通常総代会
第6代会長に池田重太郎氏を選任
1971 3月6日 日野市日野字下宿2617番地の1に事務所を移転
(現在の日野本町7丁目)
5月22日 第11回通常総代会
第7代会長に巴温次郎氏を選任
1972 5月19日 商工会館建設委員会を設置
1973 6月30日 商工会館落成・事務所移転
(東豊田2丁目23番の10)
会館建設工事中、日野市西長沼1713-2(現在の旭が丘)に仮事務所を設置
9月21日 小企業等経営改善資金融資制度(マル経)発足
1974 6月13日 商業活動調整協議会を発足
1977 5月25日 第17回通常総代会
第10代会長に斉藤一氏を選任
1981   商工会の組織等に関する法律(商工会法)改正により、事業目的に一般福祉事業が追加される。
9月7日 臨時総代会
商工会法改正に伴い定款を全面改正
地域総合経済団体としての体制を整備
1982 1月26日 青年部設立
初代部長に土方和幸氏を選任
1983 5月24日 第23回通常総代会
第13代会長に川俣貞氏を選任
9月25日 日野市政20周年記念「日野市工業展」を開催
9月26日  於;都立科学技術大学
(現在の首都大学東京)
1986 4月1日 日野市小規模事業者育成条例が施行
マル経融資の利子補給が制度化
5月28日 第26回通常総代会
第14代会長に峯岸清氏を選任
総代定数を105名から150名に改定
11月25日 婦人部設立
初代部長に菱山亜矢子氏を選任
1988   第28回通常総代会
第15代会長に長田富夫氏を選任
1989   第29回通常総代会
第16代会長に一ノ瀬公男氏を選任
1992   第32回通常総代会
第17代会長に遠藤保氏を選任
1993 5月21日 小規模事業者支援促進法(略)公布
6月21日 商工会館建設準備委員会を設置
1995 7月3日 商工会館建設委員会を設置
12月20日 会館建設事業計画(案)を可決決定
1997 1月31日 現商工会館竣工
日野市多摩平7丁目23番の23
2月3日 事務所を現在地へ移転
2月27日 現商工会館落成式典挙行
1998   土方歳三うどん開発
1999 3月1日 インターネットホームページ開設
9月2日 市内共通商品券事業開始
運営は日野市商業協同組合に移管
  日野市商工会地域振興対策事業実施によるビジョン策定
2000 1月10日 多摩都市モノレール全線開通記念イベント実施
5月26日 第40回通常総代会
定款変更により婦人部を「女性部」に名称変更
2001 10月29日 臨時総代会
第21代会長に舘昭氏を選任
2003 3月6日 大河ドラマ「新選組!」の函館までの完全ドラマ化を求める運動
日本放送協会へ28,125名の署名提出
2004 5月24日 第44回通常総代会
第22代会長に寺田公普氏を選任
1月〜10月 新選組フェスタin日野へのブース出展
万願寺メイン会場および日野市ふるさと博物館に出展
新選組関連グッツの販売を行う
  日野市公共施設小規模修繕等事業開始
7月31日 ひのよさこい祭の主管開催
8月1日 イベントPRのため高知・原宿へも「ひの新選組連」派遣
2005 12月1日 ひのタウン情報開設
日野市の地域ポータルサイトとして構築
2006   第46回通常総代会
第23代会長に井上敏夫氏を選任
2007   商業三団体により市内共通商品券事業の拡大
名称を「新・カワセミ商品券」とする
  シナジースキーム事業「ものづくり支援HINO」を策定
11月1日 土方歳三うどん販売事業を商工会に移行
2008   ものづくり支援HINO事業推進(1年目)
大規模な工業ヒアリング調査を実施
ものづくり体験教室の実施
2009 5月23日 第48回通常総代会
予算規模;100,085,706円(一般会計)
7,645,867円(商工会館特別会計)
21,399,287円(小規模修繕等事業特別会計)
114,278,302円(市内共通商品券特別会計)
  ものづくり支援HINO事業推進(2年目)
1年目に加え企業交流会の拡充、同障害者雇用促進を推進
事業評価による銀賞でインセンティブ補助金獲得




プリンタ用画面 友達に伝える

ページ移動

前
商工会長挨拶
カテゴリートップ
日野市商工会って何やってるの?
次
組織紹介